フレキソ印刷 ヨシモト印刷社
フレキソ印刷ホーム  | ヨシモト印刷社について  | ご連絡・お問い合せ  |   | English »  |

ヨシモト印刷社フレキソ事業部の歩み

フレキソ印刷専門の内牧工場

フレキソ印刷の専門工場として、弊社内牧工場が稼働を開始したのは、昭和58年(1983年)10月のことでした。以来四半世紀にわたり、フレキソ印刷の新たな可能性を追究してまいりました。

かつてのフレキソ印刷は、グラビアで印刷しにくいエンボスのある不織布や、伸縮性の素材への印刷方式として、特殊印刷の延長として展開していましたが、その後、水性インキの実用化と、印刷品質の目覚ましい向上ににより、環境対応で、よりメジャーな分野に展開されつつあります。

フィルム素材への水性インキによるフレキソ印刷

平成13年(2001年)には安倍口にフレキソ工場を増設し、高品質なフレキソ印刷の生産体制を拡充するとともに、より一層の環境対応を目指して、100%水性インキによるフィルム素材への高線数フレキソ印刷へと試行を重ねました。

そして現在では、フィルム素材への100%水性インキフレキソ印刷の量産技術を確立し、また不織布素材への水性インキの印刷技術も実用化されています。

タイ工場

そして2005年5月には、100%水性インキフレキソ印刷の専門工場としてタイ工場を開業しました。タイ工場は、翌2006年10月より稼働しております。

環境に最も優しいフレキソ印刷。
高線数、高品質を実現したフレキソ印刷。
私どもヨシモト印刷社は、フレキソ印刷によるさらなる可能性を追求し、新たな製品作りにたゆまぬ努力を続けてまいります。